エド山口('48.7.9生):ベンチャーズでギターを知り、高校時代にセミプロ的活動を行う。大学時代には横浜でジャズベースを勉強し、帰京後ソウルバンド『ブルーエンジェル』を結成、新宿『ムゲン』などで活躍する。その時のメンバーが現在も活躍中のグッチ裕三と実弟のモト冬樹である。'82年「お笑いスター誕生」8週勝ち抜きで芸能界ソロデビュー。TVラジオ等で活躍のかたわら、内藤やす子「六本木ララバイ」を始めとする作詞・作曲活動も行っている。 Takuちゃん('68.5.1生):エレキ・インスト界のプレイヤーとしては珍しく、ステージ上で派手なアクションパフォーマンスを見せることから、“一ッ時たりともジッとしていないベーシスト”として有名。そのワイルドさや、インパクトのある髪型は女性や子供にも好評で人気者である。また、実は下戸で酒が一滴も飲めない。
太田 収('49.12.26生):「ダニー飯田とパラダイスキング」から、創成期の「ケントスバンド」に参加、何枚ものオールディーズアルバムを出す。その後、プロデュース業を経て、現在は家業の提灯卸元業「太田提灯店」社長。当時のノリを知っている数少ないドラマー。リズムの正確さには定評がある。 “DON”清原('62.5.21生):ベンチャーズ関係のインターネット・ホームページにおける超有名人。実際にベンチャーズと情報のやりとり等を行っており、彼らのショーの中でも紹介されるほど可愛がられている。“リズムギター”というポジションにこだわりを持つ本格派。デザイナーの顔も持ち、CDジャケット等のデザインも手掛ける。


TOPへ戻る